蓮佛美沙子は結婚していた!?相手は高良健吾?その真相は?

女優の蓮佛美沙子さんと俳優の高良健吾さんがすでに結婚していたという噂が広まっています。2人の出会いのきっかけは、ドラマの共演だとか。果たして、その真相はどうなのでしょうか。今回は、蓮佛美沙子は結婚していた!?相手は高良健吾?その真相は?ついてご紹介します。

スポンサーリンク

蓮佛美沙子とは?

蓮佛美沙子(れんぶつみさこ)さんは演技力の高い女優として有名です。

スポンサーリンク

今まで、「べっぴんさん」「恋はつづくよどこまでも」「未満警察 ミッドナイトランナー」等、数々のドラマに出演しています。

芸能界の友達はそれほど多くないみたいですが、新垣結衣(あらがきゆい)さんとは大の仲良しみたいです。

蓮佛美沙子さんは新垣結衣さんと「がきぽん」「蓮ちゃん」と呼び合うくらい仲が良く、よく家飲みをして盛り上がっているようです。

次に、高良健吾さんについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



高良健吾とは?

高良健吾(こうらけんご)さんは俳優であり、「べっぴんさん」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「万引き家族」等、数々のドラマに出演しています。

芸能界では、柄本佑(えもとたすく)さんと仲が良いようです。

そして、地元である熊本が地震によって大変な状態になっている際(2016年熊本地震)に、ボランティアをしに熊本まで駆けつけたそうです。

とても心が優しい方であることが分かりますね。

では次に、蓮佛美沙子さんと高良健吾さんが結婚しているという噂について見ていきましょう。

スポンサーリンク



蓮佛美沙子と高良健吾の結婚の真相とは?

そもそも、結婚の噂はどこから広まったのでしょうか?

2人の結婚が噂された理由は、NHK連続ドラマ小説「べっぴんさん」での共演が原因のようです。

ドラマでは、主人公の姉・ゆり役を蓮佛美沙子さんが演じ、その彼氏・潔役を高良健吾さんが演じており、ドラマの結末では、2人は結婚することになりました。

そして、その時期に合わせて、蓮佛美沙子さんがインスタグラムで「ゆりちゃん結婚しました」と投稿したことで、蓮佛美沙子さんが高良健吾さんと結婚したと勘違いする人が続出したようです。

つまり、ドラマの登場人物同士は結婚したけれど、蓮佛美沙子さんと高良健吾さんは結婚していないのです。

そして、熱愛スクープも撮られていないので、2人が付き合っていた可能性はかなり低いと考えられます。

この仲睦まじい家族写真を見ると、本当の夫婦のように見えますよね。

ドラマの視聴者からは「本当に結婚してほしい」という声も出ていたようです。

では現在、蓮佛美沙子さんと高良健吾さんに彼氏彼女はいるのでしょうか?

スポンサーリンク



蓮佛美沙子さん彼氏とは?

ジャニーズとの共演経験が多いことから、ジャニーズとの熱愛を噂されていたこともありましたが、今のところ決定的な熱愛スクープはされておらず、噂のままとなっています。

そもそも蓮佛美沙子さんは、熱愛スクープをされたことがなく、浮いた話も一切上がってきていないのです。

蓮佛美沙子さんは、2021年のtelling,のインタビューで、このように話していました。

「結婚願望自体はあるのですが、結婚そのものに重きを置いてないんです。“生涯ともにいたいと思える人と出会えたから、するもの”っていう認識なんですよね。ずっと一緒にいたい人ができた時に、流れでできればいいのかなと。」

引用:https://telling.asahi.com/article/14334926

これらのことから、蓮佛美沙子さんに現在彼氏がいる気配は無いということが分かります。

恋愛に興味がないわけでは無さそうですが、休みの日も友達と遊ぶことが多く、仕事も私生活も充実しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク



高良健吾さんの彼女とは?

高良健吾さんは、今まで数々の熱愛をスクープされています。

歴代彼女には、今村美乃さん、多部未華子さん、野崎萌香さん等が上げられています。

そして、現在の彼女は女優の黒島結菜さんであると噂されています。

高良健吾さんと黒島結菜さんは2020年6月に熱愛写真を撮られています。

高良健吾さんは今年(2021年)で34歳、黒島結菜さんは今年で24歳。

黒島結菜さんは若手女優として頑張っている最中なので、近々結婚するの可能性は低いと考えられます。

スポンサーリンク



まとめ

  • 蓮佛美沙子さんと高良健吾さんは結婚しておらず、恋人関係でもない
  • 蓮佛美沙子さんは、現在彼氏がいない
  • 高良健吾さんは、現在黒島結菜さんと付き合っている

「べっぴんさん」ファンからすると、残念な結果となってしまいましたが、2人とも演技力の高い女優・俳優さんとして知られているので、これからの活躍が楽しみですね。