青木さやかの母親は大学の校長!?教育者の家庭で育った青木さやかが通っていた大学はどこ?

青木さやかさんの母親は学校の校長で、母親だけでなく父親を先生だったそうです。
母親・父親ともに教育者の家庭で育った青木さやかさんは高校のときは勉強ができたみたいです。
そんな青木さやかさんがどこに大学に進学したのか気になったので、大学がどこかを調べてみました。

スポンサーリンク

青木さやかの母親が校長をしていた学校とは?

青木さやかさんの母親は小学校で国語の先生をしていたそうで、最終的には管理職である校長まで勤め上げたそうです。

スポンサーリンク

平の先生のとき小学校で先生をしていたのですから、青木さやかさんの母親が校長をしていたのも小学校でしょう。
しかし、母親が校長をしていたのがどこの学校かはわかりませんでした

ただ、青木さやかさんの母親は、地元では有名な先生で、青木さやかさんは当時通っていた学校のいろんな先生に「青木先生のお嬢さんよね」と言われていたそうです。

そのため、母親が校長をしていた学校も地元の学校である可能性が高いでしょう。

青木さやかさんの出身地は愛知県瀬戸市だそうなので、おそらく母親は瀬戸市にある小学校で校長を務めていたと思われます。

大学の校長ではなかったんです!

スポンサーリンク


青木さやかの出身大学は?どこの大学に通っていたの?

母親が最終的に校長まで勤め上げた先生だった青木さやかさんは、父親も学校の先生で母親だけでなく父親も最終的には管理職を務めていたそうです。

ただし、母親と同じ校長ではなく教頭です。

母親も父親も教育者ということも教育熱心な家庭で育ったこともあり、高校まで学校の成績は良かったようです。

そんな青木さやかさんがどこの大学に通っていたのかというと、名古屋学院大学だそうです。

名古屋学院大学は愛知県名古屋市熱田区熱田西町にある大学で、国立大学や公立大学ではなく私立の大学です。

大学の特徴は留学が盛んなことで、外国語学部では毎年多くの学生が留学に参加しています。

青木さやかさんはその外国語学部中国語学科に進学していますが、大学時代に留学したようなことを話したことはないので、大学時代に留学はしていないでしょう。

スポンサーリンク


青木さやかの通っていた大学出身の有名人は?

青木さやかさんが通っていた名古屋学院大学出身の有名人には以下の人たちがいました。

高橋重憲(中京テレビ放送アナウンサー)
佐井祐里奈(宮崎放送アナウンサー)
平松伴康(中京圏と静岡県を拠点に活動するフリーアナウンサー)

森下千里(タレント)

じゅんいちダビッドソン(お笑い芸人)
アポロ奥村(お笑い芸人)  

曽我部直樹(野球選手)

キー放送局ではありませんが、名古屋学院大学は4人のアナウンサーを輩出しています。

上記で紹介したアナウンサーは3人なのにどうして4人かというと、青木さやかさんも大学卒業後、岐阜放送で仕事をした後、中京広域圏を対象に放送されるローカル番組でフリーアナウンサーをしていたからです。

ただ大学進学時からアナウンサーやテレビ局での仕事を目指していたというワケではなく、大学在学中は友達に誘われて入った放送文化研究会のサークル活動が楽しかったため、就職活動ではアナウンサー試験を多数受けたそうです。

けっきょく全て不採用だったので、中京ローカルでフリーアナウンサーとして活動することになってしまうのですが、もしどこかの局で採用されていたら、お笑い芸人『青木さやか』は誕生しなかったでしょうね。

スポンサーリンク


まとめ

青木さやかの母親は校長!教育者の家庭で育った青木さやかが通っていた大学はどこ?

本記事で紹介したことを『まとめ』ます。

・母親が校長をしていた学校がどこかはわからなかったが、地元の小学校である可能性が高い

・青木さやかさんの母親は大学の校長ではない!

・出身大学は名古屋学院大学の外国語学部中国語学科

・大学卒業後、フリーアナウンサーとして中京ローカルで活動しているが、大学進学時からアナウンサーやテレビ局の仕事を目指していたワケではない

青木さやかさんと校長をしていた母親とは確執があり、どんなことがあっても母親が希望する公務員だけにはならないと決めており、大学の就活で公務員試験は1つも受けなかったそうです。

以上『青木さやかの母親は大学の校長!?教育者の家庭で育った青木さやかが通っていた大学はどこ?』でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。