長谷川博己と鈴木京香の馴れ初め~2010年 セカンドバージン~

10年以上お付き合いされている俳優の長谷川博己さんと女優の鈴木京香さん。長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初めや、なぜ事実婚状態なのか、気になりますよね。キーワードとなるのは「セカンドバージン」「危険な不倫愛」です。いったいどういうことでしょうか?見ていきましょう。 

スポンサーリンク

長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初め

長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初めは、ずばり、NHKドラマセカンドバージンです。

スポンサーリンク

ちょっとドキッとするタイトルですよね。NHKドラマですので安心(?)してください(笑)

お二人の馴れ初めと言われるこのドラマが放送された時点では、そこまで実績が表に出てきていない長谷川博己さんですが、ここから一気にドラマ出演が増えます。

それにしても、鈴木京香さん、お美しい。見ているだけでドキドキしてしまいます。

こんな美しい方と知り合えるなんてとても羨ましいです。

NHKドラマ「セカンドバージン」とは

長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初め作品とされるセカンドバージン

これは、20101012日から1214日まで放送されたテレビドラマです。

このドラマの主演を務めたのが鈴木京香さんです。

NHK総合では火曜22:00-22:48に、BSハイビジョンでは金曜18:00-18:48に放送されており、大人向けの時間帯に放送されていたドラマです。

危険な不倫愛

出版プロデューサーの女性(鈴木京香さん)と、17歳年下の男性(長谷川博己さん)との危険な不倫愛を描いた作品でした。

この既婚男性の妻を演じたのは深田恭子さんですから、なんとも贅沢な男です(笑)。

NHKドラマということもあり、大胆なベッドシーンが含まれていたので、話題になったのを覚えている方もいるかもしれません。

実は、初回視聴率は「ドラマ10」の枠では過去最低(視聴率5.5%)のスタートの作品でした。

ところが、ベッドシーンなどの話題もあってか徐々に注目を集めていき、視聴率は回を追うごとに上昇していきました。

9回では、「ドラマ10」枠として初の2桁台(視聴率11.0%)を達成しています。

最終回では「ドラマ10」枠の最高視聴率(11.5%)を達成しました。

長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初めとなった作品、という視点で見ても、様々な思いを馳せることができ、かみしめるほどに味わいの増す芸術作品とも言えるかもしれません。 

映画「セカンドバージン」とは

映画セカンドバージンは、2011923日に公開された松竹映画です。

ドラマから5年後のマレーシアの首都クアラルンプールを舞台にした続編という位置づけです。

ドラマでは描かれなかった衝撃の事実が新たに描かれました。

長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初めとなったドラマがさらに映画化によって奥深い作品へと深化したとも言えるでしょう。

映画観客動員ランキング初登場で第7位

主要キャストの鈴木京香さん、長谷川博己さん、深田恭子さんもドラマに引き続き出演されているので、ドラマ視聴者でこの作品のファンになった方にとって必見の作品です。

公開初日から3日間(2011年9月23から25日)で7万人ほどの動員と、興行収入が約8700万円を達成し、映画観客動員ランキング初登場で第7位を飾るなど、映画としても成功を飾りました。 

長谷川博己さんと鈴木京香さんの熱愛・同棲

お二人の熱愛がスクープされたのは2011年のことでした。

馴れ初めとなったドラマ「セカンドバージン」の放送が終わり、映画「セカンドバージン」の公開が20119月でしたから、「番宣ではないか?」ということも一部囁かれていたようです。

映画撮影後の秋から交際に発展したそうで、告白は鈴木京香さんからだったようです。

当時、既に人気女優の地位を確固たるものにされていた鈴木京香さんが、まだまだ俳優としては新人だったともいえる長谷川博己さん。

ですが、さすがは鈴木京香さん、長谷川博己さんの俳優としての魅力やポテンシャルを見抜いておられたのかもしれません。

鈴木京香さんが長谷川博己さんへ演技のアドバイスをされていた姿も何となく想像できます。

♡マレーシア旅行や同棲♡

お二人の熱愛報道では、マレーシアへの旅行など、アツアツなご様子が取り上げられました。

そして2013年秋頃からは、長谷川博己さんが鈴木京香さんのマンションに入る形で、お二人の同棲も始まったとされます。

一度は同棲解消が報じられたこともありましたが、その報道の半年後には鈴木京香さんのマンションから仕事に向かう長谷川博己さんのお姿が目撃されるなど、お二人の同棲は実に10年ほど続いています。

そんなお二人ですが、2021年には超高級マンションへのお引越しについて報道されました。お二人の馴れ初めが報道されてから10年が経つということも考えると、年月の経過を感じさせます。

さて、その超高級マンションですが、最大で家賃が200万円前後にもなるという超高級マンションだそうで、部屋も広くペット飼育も可能なようです。

じつは、長谷川博己さんと鈴木京香さんは一緒にトイプードルを飼われているようなので、そのわんちゃんのことも考えて新居を選ばれたのかもしれません。 

長谷川博己さんと鈴木京香さんが結婚しないのはなぜ?

格差婚と言われたくない

鈴木京香さんは結婚して子供を望んでいたとされます。

そして、お二人の馴れ初め当時で鈴木京香さんは43歳というご年齢でした。

子供を生むことを考えると、少々ぎりぎりとも言えるご年齢かもしれません。

さらに、長谷川博己さんは馴れ初め当時では、まだまだ無名の新人俳優でした。

お互いに「格差婚と言われたくない」という気持ちもあり、あえて結婚しなかった可能性もあります。

お互いの仕事を尊重

2010年のドラマデビューから経験と実績を積み重ね、名実ともに成長されてきた長谷川博己さん。

満を持してプロポーズに踏み切ったのが2018年ですが、このとき鈴木京香さん(19685月生まれ)は50歳を迎える年でした。

嬉しい反面、とても悩まれたと思います。お二人の馴れ初めは2010年頃ですから、8年という時間を経て迎えたプロポーズ。

決して遅いとは言えないと思いますが、年齢を考えると色々なことが頭をよぎりそうです。

最終的には、「もう子供は考えていない」「彼を縛りたくない」という気持ちでプロポーズを断ったのでは、とも言われています。

お互いにドラマなど順調に仕事があり、忙しいお2人です。もしかしたらお互いの仕事を尊重して事実婚状態なのかもしれないですね。

今の時代に合った新しいスタイルを切り拓いていらっしゃる、と捉えることもできるかもしれません。 

まとめ

ということで、長谷川博己さんと鈴木京香さんの馴れ初めとなった共演ドラマ「セカンドバージン」や、熱愛・同棲、プロポーズ・破局報道、なぜ結婚しないのか、についてもまとめてみました。

長谷川博己さんと鈴木京香さんは、馴れ初めから10年以上お付き合いが続いているなんて凄いですよね。

そして、その馴れ初めとなった作品が成功を収めているという点も何か運命的なものを感じます。

お二人の馴れ初めとなったドラマは2010年の年末シーズンでした。

思い返せば、記録的な円高やゼロ金利政策の復活、日本航空の経営破綻、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還、民主党政権下での参院選の民主大敗など、激動の時代の幕開けだったとも言えます。

そんな時代にお近づきになられ、ともに年月を過ごして来られた長谷川博己さんと鈴木京香さん。

これからの男女の在り方のモデルケースにもなるかもしれないので、ますますお二人から目が離せません。