瀧本美織のcm、ソニー損保の契約終了して理由とは?またその他のcm出演経歴とは?

ソニー損保のcmでの出演により、SNSをはじめ、ネットなどでもソニー損保のcmに出ている可愛い女性は誰だ。と話題になった瀧本美織さん。今回は、ソニー損保のcmの他にcm出演歴があるのか、また瀧本美織さんとは一体どんな経歴を持った人物なのかを調べて見ました。

スポンサーリンク

瀧本美織さんとは一体どんな人物なのか?

ソニー損保での出演から一躍有名になった瀧本美織さん。まずはじめに瀧本美織さんとは一体どんな人物なのか調べてみました。

スポンサーリンク

瀧本美織さんのプロフィール
  • 生年月日:1991年10月16日生まれ
  • 出身地:鳥取県
  • 所属会社:スターダストプロモーション
  • 特技:バトントワリング、ダンス、短距離走、新体操

    以上が瀧本美織さんの簡単なプロフィールとなります。東京生まれ東京育ちの雰囲気が漂っている瀧本美織さんですが、意外にも鳥取県出身という地方出身の人なんですね。

    瀧本美織さんが所属しているスターダストプロモーションという会社には、北川景子さんや、滝沢カレンさんなどの有名な方々が所属している事務所となっています。

    瀧本美織さんの特技もバトントワリングをはじめ、ダンス、短距離走、新体操などと、かなりの運動神経の持ち主であることがわかりますね。

     

    特技ということもあって、瀧本美織さんはダンスを基本的になんでも踊れることができ、また、瀧本美織さんは運動会の100m走では、常に1位だったそうです。女優やタレントさんのスペックにしてはかなり高いですよね!もしかしたら、今後この身体能力を活かした役が回ってくるかもしれませんね。

    ソニー損保のcmで一躍有名になった瀧本美織さんですが、このソニー損保のcmの他に、cm出演経歴があるのかどうかについて調べてみました。

    スポンサーリンク


     

    瀧本美織さんのソニー損保のcmの他のcmの出演経歴はなに?

    次に、ソニー損保のcmの他のcmの出演経歴について調べてみました。

    瀧本美織さんのソニー損保のcmの他のcm出演経歴はこちらになります。

    • アサヒ飲料三ツ矢サイダー(2011)
    • ジュジュ化粧品「アクアモイスト潤密」(2015)
    • リクルート「ホットペッパーグルメ 夏の夢編」(2017)
    • 三基商事「ミキプルーン」(2018)
    • IDOM「ガリバー大決算SALE2020」(2020)

    以上が瀧本美織さんのソニー損保のcmの他のcm出演経歴となります。瀧本美織さんは、ソニー損保のcmの印象が強すぎて、他に出演しているcmの印象があまりありませんでしたが、こうしてみてみると、瀧本美織さんは、定期的にcmに出演していることがわかりますね。ちなみに瀧本美織さんのソニー損保のcmの放送期間は2009〜2015年までの期間に放送されていました。

    しかし、瀧本美織さんは、ソニー損保のcmの契約が2015年にとある理由で契約終了となっています。ソニー損保のcmの契約が終了してしまった理由とは何か調べてみました。

    スポンサーリンク


    瀧本美織さんがソニー損保との契約が終了してしまった理由はなに?

    瀧本美織さんとある理由でソニー損保のcmの契約が終わってしまいます。

    その理由は、藤ヶ谷太輔との熱愛報道です。2011年放送の「美男ですね」でお互い知り合い、その4年後の2015年に熱愛報道が報じられたそうです。やはり世間を騒がせてしまったせいか、ソニー損保の印象を下げるのを恐れて、瀧本美織さんとの契約を終了させたのかもしれませんね。

    それではここまでの瀧本美織さんについての情報をまとめて行きたいと思います。

    スポンサーリンク


    まとめ

    瀧本美織さんに関する簡単なまとめはこちらになります。

    瀧本美織のcm、ソニー損保の契約終了して理由とは?またその他のcm出演経歴とは?
    • 有名な方々も所属しているスターダストプロモーション所属。
    • バトントワリングや新体操などが得意で、運動神経が抜群。
    • ソニー損保のcmの他にもcm出演した経歴がある。
    • 2015年には藤ヶ谷太輔さんとの熱愛報道をきっかけにして契約終了となった。

      ソニー損保のcmで一躍有名となった瀧本美織さんでしたが2015年には契約終了していたことには驚きましたね。

      以上、「瀧本美織のcm、ソニー損保の契約終了して理由とは?またその他のcm出演経歴とは?」でした。最後までこの記事を見てくださってありがとうございました。