浅野ゆう子は旦那を病気で失った?病気で失った旦那とは誰?

2017年に実業家の男性と結婚した浅野ゆう子さん。
その方との結婚前に浅野ゆう子さんは旦那を病気で失っているというウワサがあります。
浅野ゆう子さんは確か初婚だったはずですが、本当に彼女は病気で旦那を失ったのか、その病気で失った旦那は誰なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

浅野ゆう子が旦那を病気で失ったって本当?

実業家の男性と結婚した浅野ゆう子さんが、その方との結婚前旦那を病気で失っているというウワサがありますが、そのウワサは本当ではありません

スポンサーリンク

浅野ゆう子さんは、現在の旦那である実業家の男性との結婚がはじめての結婚になるので、この男性との結婚前に旦那がいたことはありません

ただ旦那ではありませんが、大切な人を病気で失ったというのは本当です。

しかも、その病気で失った大切な人と浅野ゆう子さんは、入籍していなかったので旦那となっていなかっただけ事実婚状態ではあったみたいです。

その実質的には旦那だったという方と浅野ゆう子さんは彼女の自宅で同居生活をしており、病気で倒れ、亡くなるまでの間、彼女はその方を献身的に看病したと言われています。

スポンサーリンク


浅野ゆう子と旦那のような関係だった方が亡くなった病気は?

浅野ゆう子さんと旦那のような関係だった方は、どんな病気で亡くなったのでしょう?

浅野ゆう子さんと旦那のような関係だった方が亡くなった病気は『くも膜下出血』だそうです。

くも膜下出血は脳を覆う3層の膜の隙間のくも膜下腔に出血が生じたことで、強烈な頭痛や吐き気・嘔吐を生じる病気。

出血量が多い場合には脳が圧迫されることで意識を失い突然死することも少なくありません。

発症原因はくも膜下腔を走行する動脈の分岐部に動脈瘤ができ、それが破裂したことが多いですが、頭部外傷や先天的な血管の形態異常などが原因であることもあります。

40歳以降から発症確率が上がると言われていて、浅野ゆう子さんと旦那のような関係だった方も45歳のときに発症

突然死ではなく、一旦は回復しましたが、最初の発症から約2年後再びくも膜下出血を発症しお亡くなりになりました。

スポンサーリンク


亡くなった浅野ゆう子と旦那のような関係だった方とは誰?

くも膜下出血の発症が原因で亡くなった、浅野ゆう子と旦那のような関係だった方とは俳優の田宮五郎さんです。

田宮五郎さんは、名優の田宮二郎さんと元女優の藤由紀子さんの次男。

二人の交際のきっかけは明らかになっておらず、ドラマや映画での共演で親しくなったワケではないようです。

ただ所属事務所が同じだったことがあるみたいです。

田中五郎さんは芸能界デビューした際は高瀬プロダクションに所属していましたが、2007年3月から当時はABeBeだった現アベベネクストに移籍。
ただし2011年からは浅野ゆう子さんと別事務所のキャストパワーに移籍しています。

父親である田宮二郎さんはすでに亡くなっていますし、田宮五郎さんは母親の藤由紀子さんや実の兄と確執があったみたいで、くも膜下出血で倒れた田宮五郎さんを母や兄がサポートをすることはなかったと言われています。

スポンサーリンク


まとめ

浅野ゆう子は旦那を病気で失った?病気で失った旦那とは誰?

本記事で紹介したことを『まとめ』ます。

・浅野ゆう子さんは今旦那と初婚で、旦那を病気で失ったことはない

・ただし大切な人を病気で失っており、その方と事実婚状態だった

・その方が亡くなった病気とはくも膜下出血

・亡くなった旦那のような関係だった方は田宮五郎さん

病気で亡くなることがなかったら、浅野ゆう子さんの旦那となっていたのは田宮五郎さんだったでしょうね。

以上『浅野ゆう子は旦那を病気で失った?病気で失った旦那とは誰?』でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。