広末涼子が若い頃に起こした奇行は薬物中毒のせい?性の乱れの話とともに検証してみます!

今は、慈善活動も行うような穏やかな旦那と一緒に

スポンサーリンク

穏やかに生活をしている広末涼子さん

そんな広末涼子さんが若い頃奇行していたことは有名です

スポンサーリンク

ただ、具体的に広末涼子さんが若い頃にどんな奇行をしてたかを覚えていません

広末涼子さんの奇行の原因が薬物中毒と言われてますが

広末涼子さんの若い頃に起こした奇行

広末涼子さんの若い頃に奇行について調べると

主に大きな要素が二つあることに気づきました。

 

 

ひとつは、広末涼子さんが若い頃に起こしたことと

薬物中毒が結びついている話です。

広末涼子さんが若い頃に起こした奇行があまりにぶっ飛びすぎていたのは

奇行を起こした時に薬物を決めていたから、と考えるのが自然だ、というのです。

スポンサーリンク


広末涼子さんが若い頃の奇行から薬物中毒とされるのには背景があります。

広末涼子さんが奇行を起こし始めた時期と同時期に、とある人物との関係が噂されていました。

その人物から薬が回ってきた、という話です。

 

そして、その人物は、警察が準暴力団とみなしていた関東連合との関わりがあり、

その関東連合が扱っていたであろう薬物にその人物もまみれていたと考えられたからです。

 

確かに、広末涼子さんの若い頃に奇行を見れば、

薬に話を持っていくのが一番簡単だな、とは思います。

 

広末涼子さんの若い頃の奇行での代表のもう一つは性の乱れです。

その中でも主になるのは”枕営業”と”乱交”です。

スポンサーリンク


“枕営業”については、某大物俳優に枕営業を匂わす発言をして怒らせる、

海外の有名監督と関係を持って、主役に抜擢された、など

にわかには信じ難い話が上がっています。

 

“乱交”は、夜な夜な男を集めては、集団で性行為をしていたという話があり

どうも、ワイドショーやとあるタレントがニコ生でこの件について証言しており

この話を信じている人も多いようです。

 

薬物にせよ、性についてにせよ、人間性を疑われる話であり

仮に事実でなかった場合、広末涼子さんに対する強い侮辱であると言えるでしょう。

この噂について、私になりに考えてみたことがあります。

つぎはその事を話してみましょう。

スポンサーリンク


広末涼子さんの若い頃の奇行についての考察

広末涼子さんの若い頃の奇行について、二つのパターンで考えてみます。

ひとつは、奇行の真偽について。

もうひとつは、奇行を行った原因についてです。

 

 

では、奇行の真偽について考えてみます。

これは、真のいいきれる部分と、そうではないものに分けられます。

真といい切れるものは、身元が割れている人たちの衆人環視のもとで

やらかしたことです。

 

話としてあがっていたのは、財布を持たずにタクシーに乗って無賃乗車しかけたこと。

これは、仕事に向かうためとなるため、スタッフや共演者が知っていると思われます。

スタッフも共演者も誰だかわかるので、これは信じられます。

スポンサーリンク


ところが、広末涼子さんが薬物を使用していたかについては信じるに値しません。

まず、広末涼子さんが薬物を使っている場面を複数の身元が割れた人が見たのか、

関東連合の人間が広末涼子さんに薬を売ったと言っていても、

反社会的な組織にいる人間の言葉を信じられるのか、という話になります。

 

よって、広末涼子さんの若い頃の奇行については、

信じられる部分と信じられない部分があります。

 

もうひとつの若い頃に奇行の原因について。

薬物中毒は医学的には、精神障害に分類されるのをご存知ですか

スポンサーリンク


広末涼子さんが薬物を使った直後におかしくなってした行動と考える他に

薬物中毒になっていた為おかしくなっていたと考えた時、

それは、精神の異常がもたらしたと言えます。

 

そして、広末涼子さんが奇行を行っていた時、

広末涼子さんはあまりの多忙にストレスをためていたと聞きます。

このとき、広末涼子さんが精神に何かしらの異常をきたしていたとも考えられます。

その精神の異常が、知られているような奇行につながったとも言えるのです。

 

よって、広末涼子さんの若い頃の奇行を

即座に薬物と結びつけるのは浅はかなのです。

 

私はこのように考えますが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク


まとめ

広末涼子さんと若い頃の奇行のついて

 

 ・広末涼子さんの若い頃の奇行を薬物と結びつける考えがある

 ・薬物と結び付けられてしまうのは、広末涼子さんが交際していたとされる人物のせい

 ・広末涼子さんの奇行の大きな部分に性の乱れがある

 ・広末涼子さんが若い頃に起こした奇行については信じられるものとそうではないものがある

 ・広末涼子さんの若い頃に奇行から、すぐに薬物につなげるのは浅はかである

 

薬物と性の乱れをあたかも正しいかのように吹聴する。

これについては、明らかに間違った行為と言えるでしょう。

全てが正しいという証拠をしっかりと揃えて言わなければなりません。

裁判では、明確な証拠がない限り有罪には出来ないのです

 

人を悪く言う、けなす時には重大な責任を伴うのです

広末涼子さんの若い頃の奇行について、事実と思しきものは

書いても問題はないと思いますが、

そこからの推測の域を出ないものをあたかも真実のように書いてはなりません。

 

今回、広末涼子さんの若い頃の奇行について調べるに当たり

広末涼子さんが薬をキメていると断定しているようなものも見つけており、

噂を語る人間の無責任を改めて感じました。

 

物事には言っていいことと悪いことがあります。

よく調べて、学んでから物を言ってほしいものです。